非常用自家発電機の負荷試験・負荷運転

電話番号
負荷試験のご相談・お見積り・ご依頼負荷試験のご相談・お見積り・ご依頼
負荷試験・内部観察・予防的保全策をトータルサポート負荷試験・内部観察・予防的保全策をトータルサポート
下線

負荷運転とは

負荷運転とは

非常用発電機の負荷試験とは、消防法上で規定されている発電機の点検要項の一つです。
有事の際に必要となる消火設備(スプリンクラーや消火栓ポンプなど)を動かすための
発電機の運転状況及び換気状況を確認する点検であり、当社の負荷試験点検は、
従来とは違い建物に停電を起こすことなく擬似負荷を与えることによって、
消防法でも基準とされる30%の出力負荷を再現し、消火活動が行えるか検査する方法です。

非常用発電機がいざ作動する際に動かなかったり故障してしまう原因になってしまう
発電機内に溜まったすす、またはカーボンを排出する効果もあります。

時間とコストを大幅に下げることができました

金額の高さによって敬遠されてしまいがちだった負荷試験ですが、当社専用の擬似負荷装置により以前よりも格段にリーズナブルなお値段での点検が可能となりました。
作業時間も非常に短く、搬入から搬出までで2〜3時間で点検可能でございます。

無停電で安全に点検実施ができます

負荷試験機により、停電を起こすことなく安全に非常用発電機の点検を行うことが
できるようになりました。 この擬似負荷での点検が消防法上基準とされている
30%の負荷を与えるものとなっております。

有資格者による実施で安心

電気関係の工事や点検は決して事故も少なくありませんが、
当社専門の有資格者スタッフにより安心に点検を実施することができ、
その後のメンテナンスやサポートも手厚く行います。
※点検時には当該施設の電気主任技術者にお立ち会いをお願いすることがございます。

トップ
負荷試験とは
法改正について
内部観察
予防的保全策
負荷試験の流れ
メンテナンス
よくあるご質問
会社概要
代理店募集
お問い合わせ
総務省消防庁

株式会社PRECO