非常用発電機の予防的保全策|大阪・兵庫

電話番号
負荷試験のご相談・お見積り・ご依頼負荷試験のご相談・お見積り・ご依頼
負荷試験・内部観察・予防的保全策をトータルサポート負荷試験・内部観察・予防的保全策をトータルサポート
下線

予防的保全策

予防的保全策

非常用発電機における予防的保全策とは、2018年6月に消防予373号にて
規定されたもので、この保全策を講じることにより、年間に1回点検が義務付けられている
負荷試験(負荷運転)内部観察の実施が6年に1度に免除されます。

点検項目

①の確認事項

予熱栓

発電部に断線、変形、絶縁不良などがないことを確認する。

冷却水ヒーター

ケース外周または近傍の配管などに触れて、その他の部位より温度が高いことと、
冷却水ヒーターの断線などの有無を確認する。

潤滑油プライミングポンプ

正常に作動しているか確認する。

点火栓

・電極に異常な消耗がないこと。
・プラグキャップ値がメーカー指定範囲内であること。
・異常なカーボンの付着がないこと。

以上3点の確認

トップ
負荷試験とは
法改正について
内部観察
予防的保全策
負荷試験の流れ
メンテナンス
よくあるご質問
会社概要
代理店募集
お問い合わせ
総務省消防庁

株式会社PRECO